ラッシュガードの基礎知識


ラッシュガードとは

 

ラッシュガード(Rash Guard)は元々サーフィンやジェットスキーなどのマリンスポーツ用のアンダーウェアとして、ウエットスーツのゴム素材から肌を保護する目的で着用されていたものでした。

 

その後ファッション性に優れたものは、日焼け防止用にラッシュガード単体で着られるようになりました。現在では海やプールをはじめ、さまざまなアウトドアシーンで広く用いられています。

 

ラッシュガードの種類

ラッシュガードはウエットスーツのインナーや水中での着用が基本であったため、薄手で体にフィットしたプルオーバータイプと呼ばれる物が基本です。

 

その他にも水着の上に着るゆったりとしたラッシュパーカーや脱着のしやすいジップアップタイプ、足の日焼けやケガを防ぐレギンスタイプがあります。

 

いずれもメンズ用、レディース用、キッズ用に大別され、それぞれ半袖長袖があります。

 

  ラッシュガードの種類についてはこちらから

 

ラッシュガードの材質

ラッシュガードの素材には「ポリエステル繊維」が使われています。ポリエステル繊維にはさまざまな種類がありますが、軽量でしわになりにくく、高い伸縮性をもっています。

 

またポリエステル繊維は肌触りも柔らかく、水に濡れたときも速乾性があるため、海やプールなどで使うことが多いラッシュガードの素材としては最適です。

 

ラッシュガードの主な役割

ラッシュガードには次のような役割があります

 

擦れやすり傷の予防

ラッシュガード本来の使い方です。
水着として水中や海辺での傷を防止したり、ウエットスーツのインナーとして使用するので、薄手で伸縮性に優れたものを着用します。

 

日焼け防止

海辺の強烈な紫外線から肌を守るために着用します。
素材はUVカット効果を持たせたものが多く、頭部や首筋をカバーするパーカータイプが主流です。

 

 *飲む日焼け止めと併用するのがオススメです!

 

保温

冬のスキューバダイビング時に、体温低下を防ぐためドライスーツのインナーとして着用します。
裏起毛タイプなど保温効果をメインに作られています。

 

体型カバー

気になる体形をカバーするため、水着の上にゆったりぎみに着用します。
デザイン性に優れていて、シェイプスイムウェアと組み合わせて着るのもオススメです。

 

海辺のファッションとしてのラッシュガード

ラッシュガードは、そもそもマリンスポーツでの遭難時に目印となるように、目立つ派手目の色が主流でした。
それが最近では日焼け防止という新たな目的での着用が増えたため、日差しを吸収し反射による日焼けを防止する、黒色や紺色などの地味目のラッシュガードもはやっています。

 

またウエットスーツなどのインナーやマリンスポーツなどで着用する場合は、体にフィットしたタイプが多いようですが、海辺で日焼け防止に着用する場合はパーカータイプがオススメです。

 

Writer:Y.K



キーワード